京都・石清水八幡宮 門前名物 やわた走井餅老舗
facebookブログオンラインショップ

やわた走井餅の歴史

戦前の「走井餅老舗」
江戸時代の旅籠を改築した
戦前の「走井餅老舗」 。

走井餅

のれん
現在の「走井餅老舗」
現当主は数えて十代目。 昔ながらの味を守り続けております

走井餅は江戸時代中期の明和元年(1764年)に大津で創業、湧水「走井」を用いて、初代井口市郎右衛門正勝が餡餅を作ったことに始まります。走井は、成務天皇の産湯に用い賜れるほどの名高い水でありました。

刀の荒身を模した独特の形は、平安時代に名を馳せた刀鍛冶・三條小鍛冶宗近が走井で名剣を鍛えたという故事にちなみ、剣難を逃れ、開運出世の縁起を担いだものと伝えられています。

安藤広重「東海道五十三次」の大津宿にも描かれた大津名物走井餅は、明治43年(1910年)6代井口市郎右衛門の四男嘉四郎によって、名水で名高い石清水のふもとへ引き継がれました。
やわたへ受け継がれほどなくして大津の本家は廃業。その跡は現在、月心寺となっております。井口家の生家で、走井餅発祥のその場所には、今でも滾々と走井の名水がわき続けております。なお本家廃業と同時に、当家が直系唯一の走井餅となりました。

大津では明治天皇へ、やわたへ移ってからは昭和天皇へ献上された由緒深い走井餅。 大津で150年、やわたで100年。かつての大津名物は250年ものときを経て、石清水八幡大神のご加護と、絶え間なきお客様のご支援により、石清水八幡宮のお参りに欠かせないやわた名物と言っていただくようになりました。
今後も、伝統の味と技を代々伝えていくべく、日々精進してまいります。


安藤広重作
走井餅は、安藤広重作「東海道五十三次」の大津宿にも描かれております

俳人も食べた味

俳人・高浜虚子も走井餅を食べ、句を詠んでおります。

<真清水の走井もちを二つ食べ> 高浜虚子

また、名水・走井は、万葉集を始め、謡曲「蝉丸」「竹生島」にも詠まれております。

<走井のかけひの霧はたなびけど 長閑に見ゆる望月の駒> 藤原俊成
<走井の程を志らばや逢坂の 関ひきこゆる夕かけの駒> 清原元輔


「走井餅老舗」は、数々の表彰をいただいております

昭和五十九年 第二十回全国菓子大博覧会「大臣賞」走井餅
平成二年 厚生大臣表彰「食品衛生功労」
平成六年 第二十二回全国菓子大博覧会「菓子産業特別功労賞」
平成十年 第二十三回全国菓子大博覧会「名誉総裁賞(意匠部門)」走井餅
第二十三回全国菓子大博覧会「全菓博栄誉大賞」鳩ヶ峯ういろ
京都府優秀技能者「現代の名工」

▲ TOP